老人介護

介護職員初任者研修

介護のお仕事を始める上で、まず初めに取得しておきたいのが介護職員初任者研修です。 2013年まではホームヘルパー2級という資格でしたが、新しく介護職員初任者研修という名前に生まれ変わりました。 高齢化が進んだ今、介護はなくてはならないものになりました。

老人介護の講習

ケアマネージャー

ケアマネージャー(介護支援専門員)とは、介護や支援を必要とする人のためにサービスを提供し、快適な生活を送れるようにする仕事のことをいいます。 利用者やその家族から、その人がどのようなサービスを必要としているのかを聞きだして一人にひとりに合わせたケアプランを作成します。

サイト紹介

介護の甲州風景

介護職にどんなイメージを持っていますか? ほとんど介護に関わったことが無い人であれば、大変そうなイメージが一番大きいのではないでしょうか。 食事、入浴、排泄の介助などでかなり体力を使う仕事なのにもかかわらず、あまり収入は多く望めない…想像だけだとそんな風に思ってしまいます。 ですが、実際に介護の現場で働く人は、職場で同じ介護の仕事に奮闘するかけがえのない仲間と出会えたこと、介護の知識が付いたことで、自分の親が介護を必要としてもすぐに対処できることといった魅力も色々と感じているようです。 その中でも、やはりお年寄りとの関われることが一番の魅力だといいます。 心の優しい人や、一緒にすごすうちに仲良くなれた人、人生の勉強をさせてくれる人など一人ひとり違う人がいるのでやりがいを感じられるのだそうです。 想像と現実では、意外にギャップがあるのかもしれませんね。 このサイトでは、これから介護の仕事で働きたいという方に向けて、持っておきたい資格や希望する場所で働くためのコツについてたっぷりとご紹介します。 就職難と言われている今、どこよりも人を必要としている介護職。 希望する場所で働ける可能性が高いので、きっとやりがいを感じながら働くことができるはず! 介護の仕事の情報を探しているなら、きっとお役に立てると思います。

介護職の需要

厚生労働省は、2025年には介護の仕事をする人が全国で約38万人も不足すると発表しています。 確かに介護の仕事をしている人や、家族の介護をしている人であればその人にしか分からない苦労があると思います。 テレビでも、介護施設や認知症の方とそのご家族の特集がよく取り上げられています。 そういう番組を見ていても、介護とは無縁の生活を送っている私はどこか他人事のように感じてしまっていました。 ですが、実際問題として介護を必要としている高齢者の方は年々増えてきているのです。 2000年には介護保険制度もスタートしています。 介護保険制度とは、加入している人が保険料を出し合って、介護が必要になった時にその人が必要とするサービスを受けられる制度のことです。 介護を必要としている人も自立した生活が送れるように、社会全体で支える目的として立ち上げられました。 そんな介護保険制度がスタートしてからデイサービスや有料老人ホームが続々と生まれ、ホームヘルパーを派遣する会社も増えてきています。 しかし、その需要の高さに対して肝心の働く人が集まらない状況なのです。 介護業界全体がこの問題を抱えていますので、介護福祉士の資格を持っている人にはぜひともウチに来て欲しい!と手を上げる所は多いと思います。 現在もこのような状況なので、今後ますます需要は高まっていくでしょう。

勉強会

社会福祉士

社会福祉士は、病気や障害を持つ方、精神的、経済的に生活が苦しくなった方など、普通の人と同じような日常生活を送ることが困難になった方をサポートする仕事です。

勉強会風景

実務者研修

介護福祉士になりたい方は必須の実務者研修。 法律が変わり、2016年度の介護福祉士国家試験から受験するにはこの介護福祉士実務者研修を修了することが義務となりました。 そのため、介護職員職員初任者研修、実務者研修、介護福祉士、そして最高ランクである認定介護福祉士と今までよりも段階を踏んで上を目指せるようになりました。

サンプルalt7

サンプルタイトルサンプル7

サンプルサンプル概要7サンプルサンプル概要7サンプルサンプル概要7サンプルサンプル概要7サンプルサンプル概要7サンプルサンプル概要7サンプルサンプル概要7サンプルサンプル概要7サンプルサンプル概要7サンプルサンプル概要7